header1 header2

「作業計画・管理支援システム(PMS)」の利用条件とダウンロード

このページでは・・・

作業計画・管理支援システムを構成するユーザガイドやシステムセットアップパッケージ技術情報ファイルなどを公開しています。

 ユーザガイドをはじめとするドキュメントファイルは,Adobe PDF形式で公開されていますので,Adobe Reader等のPDF表示が可能な状態(ブラウザプラグインを含みます)でご利用ください。

 作業計画・管理支援システムセットアップパッケージや,構成プログラムの一部である「圃場地図作成支援プログラム」のセットアップパッケージについては,ご利用目的などの簡単なアンケートに答えていただければ,ダウンロードできるようになっています。このアンケートは,どのような方々がどのような目的で本システムを利用しようとしているのか,また導入後どのように利用されているかを調査・把握し,今後の開発の参考とするためのものです(その他の目的には使用しません)。

 

最新情報

2020/03/19: 圃場図作成支援ソフトパッケージ更新(バージョン1.28,ビルド13417,パッケージバージョン1.26,ビルド13417)New

2020/03/09: セットアップパッケージ更新(バージョン2.8,ビルド15721),動作環境変更に伴うパッケージ更新が中心です

2018/01/29: PMSセットアップパッケージ更新(バージョン2.7,ビルド13320),若干の機能追加と不具合修正など

用上の注意 (利用条件)

1.基本

 このページからダウンロードできるドキュメントやセットアップパッケージはバグフィックスや機能追加・仕様変更に伴って,随時予告無しに更新されます。

 このページで公開しているドキュメントやソフトウェアはすべて無保証です。開発者は一切の責任を負いません。ご利用に当たっては, 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構の職務作成プログラムの利用条件

  1. 提供した者のみ利用する。
  2. 研究機構の著作権を尊重し,これを侵害しない。
  3. 著作権等に関する記載を消去しない。
  4. 職務作成プログラムの使用に当たり発生した結果に対する研究機構の責任を問わない。

に同意いただく必要があります。以上は農研機構としての職務作成プログラムを無償提供する際の条件です。なお,1.の「提供した者」とはこの場合,ダウンロードされた方を意味します。

 ダウンロード利用に当たっては,さらに本システム開発担当者(職務作成プログラム作成者)による利用条件として,

  • 開発担当者が許可をした場合を除き,二次配布は認められていません。
  • 本システムの本来の目的以外には利用できません。
  • 営利目的(本システムそのものに対して対価を要求すること)での利用はできません。
  • 改変等を行わない(著作権表示等に加え,提供されるデータ,コードなどを含みます。ただし本システムの運用に伴って本システムにより更新されるデータは除きます)。
  • 当該プログラムの利用に当たり発生したいかなる結果・影響等に対しても,農研機構および開発担当者の責任を問わない。

に同意いただいき,ユーザガイド(セットアップパッケージにも含まれています)の「使用(利用)上の注意」やセットアップ時に表示されるEULAを確認・承諾の上,ご使用いただくことになります。

2.補足

 「営利目的」については,上記にありますように,「本システムそのものに対して対価を要求する」行為とさせていただいております。これには本システムの他に独自に作成されたデータやツール類を追加してパッケージ商品化して対価を要求する場合も含みます(そもそもニ次配布に当たりますので,できません)。本システムはあくまでも単独で,「本サイトからのダウンロード」または「開発担当者および開発担当者からの許可を得た二次配布者によるCD-R/DVD-R配布」により,使用者が入手され使用することが条件となっています。

 ここで「開発担当者からの許可を得た二次配布者」とは農業普及指導員や地方行政担当者(農業関係)などの公的に農業生産者の支援業務を行っている方を想定しています。これらに該当すると開発担当者が判断できた場合に,相応の理由とともに,二次配布した使用者(農業生産者等の農業関係者)情報の報告を条件として二次配布を許可しています。

 一方,この利用条件は,本システムが公開している情報(ユーザガイドや本サイトによる)に基づいて独自に開発したデータやツール類を商品化・サービス化して対価を得ることを禁じるものでもありません。

 また,本システム使用者の入手(ダウンロード,CD-R/DVD-R配布依頼)やシステム導入・運用を仲介・補助(お手伝い)するサービス・役務行為は,「本システムそのものに対して対価を要求する」行為には当たらないとしています。しかし,第三者(本来の使用者ではない者)がシステムの入手から導入・運用までのすべてを代行し,その対価を得ることについてはご遠慮下さい(あくまでも使用者が主体的に使用することが条件)。

3.営利目的利用・改変利用等,既定の利用条件外での利用

 以上を踏まえた上で営利目的利用に該当する利用を行いたい場合は農研機構との契約が必要となります。この場合,農研機構 知的財産部知的財産課特許ライセンスチームが窓口となっております。農研機構Webサイト以下の「職務作成プログラムの利用方法ExLinkページをご参照の上,担当連絡先(TEL 029-838-6465)にコンタクトして下さい。また,ダウンロード利用はなさらず(利用条件上できません),担当の指示に従って契約締結後,システムを入手して下さい。

 また,本システムを自社開発システムなどの一部として改造・組み込み利用する場合など,ソースコード開示を必要とする改変利用を行う場合も,上記と同様に農研機構との契約が必要となります。この場合も上記特許ライセンスチームへお問い合わせ下さい。

 なお,ソースコードに基づく改変利用をする場合,本システムのマップ表示機能を含む開発にはマップ表示コンポーネント(ESRI社製MapObjectsLT2())の開発ライセンスが別途必要となります。また,計画計算プログラムおよびクエリビルダソースに基づく開発にはグリッド表示コンポーネント(GrapeCity社製FlexGrid for Windows Forms 5.0J)の開発ライセンスが別途必要となります。レポートデザイナの開発にはレポートデザイナコンポーネント(GrapaCity社製ActiveReports6Professional)の開発ライセンスが別途必要となります。

 ※ 「ESRI社製MapObjectsLT2」のESRI社(ESRIジャパン)による販売・サポートは終了しています。このため,このコンポーネント部分に関しては互換インタフェースを備えたコンポーネント(ActiveXコントロールまたは.NETコンポーネントコントロール相当)を自社開発するか,または大幅に書き換えることになるので,ご注意ください。

 

動作要件(必要システム) Updated

 本システムは,Windows OS (Windows 8.1,10,Server 2012/R2,2016,2019)上で動作します。

 なお,Server OSについては利用者より動作報告事例がありますが,開発担当者は動作確認していません(いずれのOSにおいても,使用者責任での利用となります)。

 動作に必要なコンポーネントとして,

  • Microsoft .NET Framework 4.5 以降((OSに標準搭載されています)
  • Microsoft SQL Server 2012,2014,2016,2017,2019 など
  • Crystal Report runtime engine for .NET Framework 4 SP26(13.0.26) 32ビット版

が必要です。本システム導入予定のWindows PC上にこれらのコンポーネントがインストールされていない場合は,事前にマイクロソフト社SAP社のサイトからダウンロードしてインストールしておいてください。

 

セットアップメディア(DVD-R)

 本サイトからのダウンロードパッケージではなく,DVDパッケージを入手された場合にはこれらのコンポーネントはメディア内に同梱されているので(SQLサーバ同梱パッケージ相当),これらの必要コンポーネントをメディアから直接セットアップできます(セットアップメディアの入手については直接お問い合わせください→「AGinfo.JPお問い合わせ」,お問い合わせ時には「利用者情報:氏名または組織名;連絡先と,送付先情報(利用者情報と異なる場合のみ)をお知らせください)。

 DVDパッケージをご利用いただく際の利用条件も,ダウンロード利用いただく場合と同様です(ダウンーロードパッケージをDVDパッケージに読み替えて下さい)。

 DVDパッケージにはダウンロードで入手可能なPMSセットアップ一式のほかに,ドキュメント類や個別の動作に必要なコンポーネント類,姉妹ソフトである携帯情報端末用の作業記録作成ソフト:FaWL,その時点での最新ベータ(開発途上)版も収録されています。

 

DVD
[ .NET版セットアップ DVD-R (2013年3月版の画像) ] → 現在はFaWL 4.52を含む 2020年3月版 となっています :-)

 

ユーザガイド

※ ユーザガイドの更新・改訂が大幅に遅れています。業務多忙に付き,ガイド更新に手が回っていません。また,業務が減らない限り,しばらくガイド更新の見込みはありません。ご容赦ください。

 

【.NET版】(2007/07/23登録,2014/05/25一部更新

 .NET版のユーザガイド(いわゆる「取説」)です。2009年1〜2011年10月版が最新です(分冊構成)。

 ユーザガイドはPDF形式で作成されていますので,ブラウザが対応 (プラグイン等導入済み)していればクリックするだけで表示されます。本システム導入に当たっての参考にしてください。本ガイドはセットアップパッケージには含まれていません(CDを除く)。

−−−> .NET版機能別概略手順ガイド【2014年5月版】(64ページ,4.53MB)PDF(5月11日更新)

−−−> .NET版インストールガイド【2014年5月版】(52ページ,1.76MB)PDF(5月5日更新)

−−−> .NET版圃場地図作成ガイド【2011年11月版】(72ページ,5.53MB)PDF (11月4日更新)

−−−> WldMakerユーザガイド【2010年8月版】(13ページ,1.3MB)PDF(9月6日登録)

−−−> .NET版初期設定ガイド【2014年5月版】(100ページ,2.62MB)PDF(5月25日更新)

−−−> .NET版作業計画管理ガイド【2012年9月版】(208ページ,12.2MB)PDF(9月20日更新)

−−−> .NET版作業計画計算ガイド【2011年1月版】(40ページ,2.1MB)PDF(1月26日更新)

−−−> .NET版在庫管理ガイド【2011年1月版】(28ページ,1.3MB)PDF(1月26日更新)

−−−> .NET版圃場DBクエリガイド【2011年1月版】(52ページ,1.47MB)PDF(11月5日更新)

−−−> .NET版周辺ツールガイド【2011年1月版】(48ページ,1.41MB)PDF(11月4日更新)

−−−> .NET版環境計測ツールガイド【2013年7月版】(40ページ,2.52MB)PDF(7月17日新規)

 

【オリジナル版】

 セットアップパッケージをダウンロードする前に本システムのユーザガイドを表示して内容を把握することができます。ユーザガイドはPDF形式で作成されていますので,ブラウザが対応 (プラグイン等導入済み)していればクリックするだけで表示されます。本システム導入に当たっての参考にしてください。本ガイドはセットアップパッケージにも含まれています。  ※ 2018年1月末にセットアップパッケージ配布は終了しております。

−−−> オリジナル版ユーザガイドの表示(開発途上未完成β版,約160ページ,7.6MB)PDF

 

レポートデザイナサンプル(サンプルデザイン)

 以下は2012年11月公開のパッケージ(B7113)以降に収録されている「PMSレポートデザイナ」のデザインサンプル(*.rpxファイル)です。

  1. 単純な一覧を出力するレポート → ChemList.rpx
    データベーステーブル(農薬マスタ)上に登録されているレコード(農薬情報)の単純な一覧リストです。
  2. グループ集計(小計)を行う一覧レポート → ChemUsage.rpx
    農薬使用実績ビューで得られるデータに基づき,農薬ごとの使用量集計を行います。

 これらのファイルはダウンロード後,PMSレポートデザイナに読み込んで使用します。とりあえず読み込めば,レポートデザインの概略を知ることができます。

 

セットアップパッケージ Updated

【.NET版(2020年3月)】(2007/07/30より公開中)

【現在のシステムバージョン:1.60.15722セットアップバージョン:2.8.15721

 【.NET版】は,圃場DBがオリジナル版と共通(但し,仕様の違いから一部のデータを変換する必要があります)で,プログラム部分をすべて.NET環境用に書き直したバージョンです。初期設定プログラム(管理ファイルおよびマスターデータ編集)と作業計画管理プログラム(台帳データ管理)の2本がオリジナル版のVB6環境から .NET4 環境に完全移行しています。

 

※注意事項

  • 圃場DBは2018年1月29日公開のセットアップパッケージ(ビルド13320)においてバージョン 1.54.13020 に改訂されています。
    以前からのデータベースを継続使用(更新インストール)する場合は,パッケージに含まれている圃場DBアップデータを必ず適用して下さい。
  • 2013年8月30日公開のB8023より「envDB」が追加されています。新規完全インストールの場合を除いて,このデータベースは自動的にはセットアップされません。すでにPMSを利用している場合は,アップデートインストールの後,再度セットアップを起動して「変更」インストールを行い,コンポーネントとして「環境計測ツール」および「EnvDB」を明示的にインストール(追加)してください。
  • 2011年11月28日公開のB5921より「gpxxDB」が追加されています。通常またはフルパッケージによる完全インストール以外のセットアップではこの新しいデータベースは追加されません。この場合は圃場DBアップデータを使用して,PMSシステムフォルダ内の"gpxxDB.sql"スクリプトを実行して"gpxxDB"を新規に作成します。
  • 圃場DBのバックアップ,リストアについては,通常,sqlcmd.exe,またはManagement Studio Express等を使用して行います。詳細は,圃場DB紹介ページ,またはお使いのSQLサーバエンジンのBooks Onlineドキュメントを参照ください。
  • この他,セットアップページも参照して,注意事項を確認してください。

 

1) 32ビット動作のSQLサーバを導入済みか,リモートマシンのSQLサーバに接続して使用する場合(対象:32ビットOSまたは64ビットOS):251MB

2) 64ビット動作のSQLサーバを導入済みの場合(対象:64ビットOSのみ):251MB

3) コアプログラム・データを導入または既往システムを更新する場合(対象:32ビットOSまたは64ビットOS):247MB

 

【ダウンロードサイトを再度移行しました!】 2020/3/9 12:00
 新しいダウンロードサイトはクラウドサーバ上にあります。

 以前のオンプレミス物理単独サーバと異なり,反応はかなり遅くなっています。じっくり腰をすえて応答を待つようにしてください。忘れた頃に応答が来ますので,3秒ルールとか8秒ルールに執着される方は特にご注意ください。

  •  クラウドサーバ利用量(従量制)に上限設定をしています一定の使用量(月単位)に達すると(その月は)ダウンロード利用できなくなります
    (組織的支援がなく,研究者個人のボランティア的対応には経費的にも限界がありますので,ご了承ください)

 


 

「圃場地図作成支援ソフト」のダウンロード

 「圃場地図作成支援プログラム」(以下本プログラム)は,「作業計画・管理支援システム」のサブシステムであり,作業計画管理支援システムが使用する圃場地図を作成するためのソフトウェアを抜き出してセットアップパッケージ化したものです。

 本プログラムは,ESRI社が定義しているワールドファイル(ラスタ地図ファイルに地理座標情報を付加する)を作成する WldMaker (ワールドメーカ)と,同じくESRI社が定義しているシェープファイル(ベクトル地図ファイル)を作成する ShapeMaker (シェープメーカ)などから構成されています。

 本プログラムで作成された圃場地図は,市販のArcGISシリーズや,フリーの ArcExplorer などでそのまま利用でき,本システムでの利用に限らず汎用的に使用できることから,サブパッケージとして抽出・再構成したものです。

 ダウンロード利用上の注意点や,動作要件は「作業計画管理支援システム」と同様ですが,SQLサーバデータベースエンジンは必要ありません。

 なお,本パッケージでのセットアップは,単独システムとしてのセットアップであり,「作業計画・管理支援システム」でのセットアップとは異なるフォルダにセットアップできます(もちろん,インストール先を直接指定することで同一のフォルダにセットアップすることも可能です)。

 

ユーザガイド

 セットアップパッケージをダウンロードする前に本プログラムのユーザガイド(2011年11月版 )を表示して,本プログラムの内容を把握することができます。

 ユーザガイドはPDF形式で作成されていますので,ブラウザが対応(プラグイン等導入済み)していればクリックするだけで表示されます。本システム導入に当たっての参考にしてください(本ガイドは 本プログラムのセットアップパッケージにも含まれています)。

 −−−>ユーザガイド【2011年11月版】の表示(72ページ,5.53MB)PDF(11月4日改訂)

 

セットアップパッケージ (2007/4/18より公開中)

【現在のビルド:1.28.13417.2 セットアップバージョン:1.26.13417】(2020年3月19日更新New

 セットアップパッケージをダウンロードするには,はじめに,本プログラムがどのような方々にどのような目的で利用されるのかを把握するための簡単なアンケートページが表示されますので,これに回答してください。すでにダウンロード経験があり,回答済みの方は,前回入力していただいたメイルアドレスを再入力します(他の項目に再度答えていただいても構いません)。

(C) 2007-11 DSS(LAIS) WeNARC, (C) 2011-16 AGinfo NARC/NARO, (C) 2016-20 AGinfo IAM/NARO.
2020.03