header1 header2

圃場情報表示ソフト(FldInfo.exe)について

圃場情報表示ソフトとは?

 PMSで蓄積された情報(主に台帳データ)から任意の最大8項目(数値データ)をレーダーチャート表示するとともに,表示データを一覧・エクセルブック出力するソフトです。

 PMSと異なり多重起動が可能なため,PMS本体では困難な複数圃場の比較,多年度(複数管理ファイル:通常年度ごとに管理ファイルを作成していると想定)間の比較などを簡単に行うことができ,圃場利用変遷の確認や作付け・作業計画立案の参考情報を的確かつ視覚的に表示し・確認することができます。

 

 

圃場情報表示画面例
圃場情報表示ソフト:複数レーダーチャート表示例

 

参考情報

 

 圃場情報表示ソフト(FldInfo.exe)は農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センターにおいて開発されました。同センターからはいくつかの参考情報が公表(予定を含む)されています。

 

2011年度普及研究成果情報 「複数の圃場情報を効率的に確認できるPMS圃場情報表示プログラムPDF
農研機構の普及に値する研究成果を紹介する文書として公開予定の内容です。簡潔に本ソフトの概要がまとめられています。

 

 

技術情報

 

  • 表示するデータ項目はSQL文で指定します。このため,データ項目指定にはPMSが使用している圃場DBスキーマとT-SQL文についての知識が必要です。このSQL文は圃場情報表示ソフトの設定ファイル(*.ini:テキストファイル)に指定します。
  • 各データ項目の最大値・最小値は設定ファイルで指定できます。これにより各データ項目の値は正規化されたものとなります。
  • 圃場情報表示ソフトは起動時引数として,管理ファイルコードと圃場番号(連番値)を必要とします。直接起動する場合はこの2つの引数を正しく与える必要があります。通常はPMS計画管理ソフト(Manager.exe)の外部呼出しプログラムとして登録し,その際起動時引数として管理ファイルコードと圃場番号(連番値)を指定します。これにより計画管理ソフトと連動して使用します。

 

入手方法および使用法

  

 圃場情報表示ソフトはセットアップパッケージとしてダウンロードExtLinkできるようになっています。

 

 セットアップ(インストール)するとソフト本体(プログラム実行形式)の他に,ユーザガイド(取り扱い説明文書)もインストールされるので,使用方法についてはそちらを参照してください。

 ダウンロード・セットアップに先立ってユーザガイドPDF を参照することもできます。

 

 

 

(C) 2007-11 DSS(LAIS) WeNARC,2011-15 AGinfo NARO (AgSys-IT NARC)

2020.01