名前

GetNodeByPoint — ポイント位置にあるノードの識別番号を探索します。

概要

integer GetNodeByPoint(varchar atopology, geometry point, float8 tol);

ポイント位置にあるノードの識別番号を探索します。

この関数は、与えられたトポロジ、ポイント、許容差を引数にして、整数 (ノードの識別番号) を返します。許容差が0の場合には、完全にインタセクトしているかで判断し、他の場合には、ある程度の間隔で探索します。

ポイントで指定した位置にノードが無い場合には、0を返します。

許容差を0より大きくして、ポイント付近のノードが1つより多い場合には、例外が投げられます。

[注記]

許容差が0の場合には、ST_Intersectsを使い、それ以外では、ST_DWinthinを使います。

初出: 2.0.0 - GEOS 3.3.0以上が必要

本例ではAddEdgeで作ったエッジを使います。

SELECT topology.GetNodeByPoint('ma_topo',geom, 1) As nearnode 
 FROM ST_GeomFromEWKT('SRID=26986;POINT(227591.9 893900.4)') As geom;
  nearnode
----------
        2
 
SELECT topology.GetNodeByPoint('ma_topo',geom, 1000) As too_much_tolerance
 FROM ST_GeomFromEWKT('SRID=26986;POINT(227591.9 893900.4)') As geom;
 
 -- エラー --
 ERROR:  Two or more nodes found
 

関連情報

AddEdge, GetEdgeByPoint