名前

= — AのバウンディングボックスがBのバウンディングボックスと同じ場合にTRUEを返します。倍精度浮動小数点数のバウンディングボックスを使います。

概要

boolean =( raster A , raster B );

説明

=演算子は、AのバウンディングボックスがBのバウンディングボックスと同じ場合にTRUEを返します。PostgreSQLは内部でラスタの順序決定や比較(GROUP BY節やORDER BY節など)を行うためにラスタ用として定義している=, <, >演算子を使用します。

[注意]

この演算子は、ラスタで利用できるインデクスを使いません。代わりに~=を使います。この演算子はラスタカラムのGROUP BYに使うのがほとんどです。

初出: 2.1.0

関連情報

~=