名前

ST_AsGDALRaster — 指定されたGDALラスタ書式でラスタタイルを返します。ラスタ書式はコンパイルしたライブラリが対応するものです。ライブラリが対応する書式の一覧を得るにはST_GDALRasters()を使います。

概要

bytea ST_AsGDALRaster(raster rast, text format, text[] options=NULL, integer srid=sameassource);

説明

指定された書式でラスタタイルを返します。引数は次の通りです。

  • format 出力書式です。libgdalライブラリでコンパイルしたドライバに依存します。一般的には'JPEG', 'GTIff', 'PNG'が有効になっています。ライブラリが対応する形式の一覧を得るにはST_GDALDriversを使います。

  • options GDALオプションの文字列配列です。妥当なオプションは書式に依存します。詳細については GDAL Raster format optionsをご覧下さい。

  • srs 画像に埋め込むproj4textまたはsrtext(spatial_ref_sysから)です。

初出: 2.0.0 - GDAL 1.6.0以上が必要です。

JPEG出力の例

SELECT ST_AsGDALRaster(rast, 'JPEG') As rastjpg
FROM dummy_rast WHERE rid=1;

SELECT ST_AsGDALRaster(rast, 'JPEG', ARRAY['QUALITY=50']) As rastjpg
FROM dummy_rast WHERE rid=2;
                                

GTIFF出力の例

SELECT ST_AsGDALRaster(rast, 'GTiff') As rastjpg
FROM dummy_rast WHERE rid=2;

-- Out GeoTiff with jpeg compression, 90% quality
SELECT ST_AsGDALRaster(rast, 'GTiff',  
  ARRAY['COMPRESS=JPEG', 'JPEG_QUALITY=90'], 
  4269) As rasttiff
FROM dummy_rast WHERE rid=2;
                                

関連情報

「PostGISラスタを使ったカスタムアプリケーションの構築」, ST_GDALDrivers, ST_SRID