名前

ST_AsTIFF — ラスタの選択されたバンドを、単一のTIFF画像として返します。バンドを指定しない場合には、全てのバンドの使用を試みます。

概要

bytea ST_AsTIFF(raster rast, text[] options='', integer srid=sameassource);

bytea ST_AsTIFF(raster rast, text compression='', integer srid=sameassource);

bytea ST_AsTIFF(raster rast, integer[] nbands, text compression='', integer srid=sameassource);

bytea ST_AsTIFF(raster rast, integer[] nbands, text[] options, integer srid=sameassource);

説明

ラスタの選択されたバンドを、単一のTagged Image File Format(TIFF)画像として返します。バンドを指定しない場合には、全てのバンドの使用を試みます。この関数はST_AsGDALRasterのラッパです。より一般でないラスタタイプで出力する必要がある場合には、ST_AsGDALRasterを使います。この関数には多数の任意引数が付くさまざまな形式があります。空間参照系(SRS)の文字列表現が指定されていない場合には、ラスタの空間参照系を使います。引数については次の通りです。

  • nbands 出力バンドの配列(PNGでは3要素が最大です)で、バンドの並び順はRGBです。たとえばARRAY[3,2,1]は、3番バンドを赤、2番バンドを緑、1番バンドを赤にそれぞれ対応させます。

  • compression 圧縮式 -- JPEG90(または他のパーセント値), LZW, JPEG, DEFLATE9のいずれかです。

  • optionss GTiffを定義するGDALオプションの文字列配列ですST_GDALDriversのGTiff用のcreate_optionsを見てください)。詳細についてはGDAL Raster format optionsをご覧下さい。

  • srid ラスタのspatial_ref_sysのSRIDです。地理参照情報を登録するために使われます。

初出: 2.0.0 - GDAL 1.6.0以上が必要です。

例: JPEG90%品質圧縮の使用

SELECT ST_AsTIFF(rast, 'JPEG90') As rasttiff
FROM dummy_rast WHERE rid=2;
                                

関連情報

ST_GDALDrivers, ST_AsGDALRaster, ST_SRID