名前

ST_BandIsNoData — 指定したバンドがNODATA値だけで満たされている場合には、TRUEを返します。

概要

boolean ST_BandIsNoData(raster rast, integer band, boolean forceChecking=true);

boolean ST_BandIsNoData(raster rast, boolean forceChecking=true);

説明

指定したバンドがNODATA値だけで満たされている場合には、TRUEを返します。バンド番号を指定しない場合には、1番と仮定します。最後の引数がTRUEの場合には、全バンドについてピクセル毎に調べます。他の場合には、isnodataフラグの値を返すだけです。この引数を指定しない場合のデフォルト値はFALSEです。

初出: 2.0.0

[注記]

フラグが汚れている(最後の引数をTRUEにした場合としない場合とで結果が違う)場合には、ST_SetBandIsNodata関数、または最後の引数をTRUEにしたST_BandNodataValue関数を使って、フラグにTRUEを設定するためにラスタを更新するべきです。ローダ(raster2pgsql.py)は現在のところ、ラスタデータをロードする時に確実なフラグの設定ができません。ST_SetBandIsNoDataを参照して下さい。

-- ラスタカラムを持つダミーテーブルの生成
create table dummy_rast (rid integer, rast raster);

-- 2バンドでバンドごとに1ピクセルを持つラスタを追加します。
-- ひとつめのバンドにはnodatavalueとピクセル値をともに3とし、
-- ふたつめのバンドにはnodatavalue=13とピクセル値=4とします。
insert into dummy_rast values(1,
(
'01' -- little endian (uint8 ndr)
|| 
'0000' -- version (uint16 0)
||
'0200' -- nBands (uint16 0)
||
'17263529ED684A3F' -- scaleX (float64 0.000805965234044584)
||
'F9253529ED684ABF' -- scaleY (float64 -0.00080596523404458)
||
'1C9F33CE69E352C0' -- ipX (float64 -75.5533328537098)
||
'718F0E9A27A44840' -- ipY (float64 49.2824585505576)
||
'ED50EB853EC32B3F' -- skewX (float64 0.000211812383858707)
||
'7550EB853EC32B3F' -- skewY (float64 0.000211812383858704)
||
'E6100000' -- SRID (int32 4326)
||
'0100' -- width (uint16 1)
||
'0100' -- height (uint16 1)
||
'6' -- hasnodatavalue and isnodata value set to true.
||
'2' -- first band type (4BUI) 
||
'03' -- novalue==3
||
'03' -- pixel(0,0)==3 (same that nodata)
||
'0' -- hasnodatavalue set to false
||
'5' -- second band type (16BSI)
||
'0D00' -- novalue==13
||
'0400' -- pixel(0,0)==4
)::raster
);

select st_bandisnodata(rast, 1) from dummy_rast where rid = 1; -- Expected true
select st_bandisnodata(rast, 2) from dummy_rast where rid = 1; -- Expected false
                        

関連情報

ST_BandNoDataValue, ST_NumBands, ST_SetBandNoDataValue, ST_SetBandIsNoData