名前

ST_ColorMap — 元のラスタと指定したバンドから4個までの8BUIバンド(grayscale, RGB, RGBA)からなる新しいラスタを生成します。

概要

raster ST_ColorMap(raster rast, integer nband=1, text colormap=grayscale, text method=INTERPOLATE);

raster ST_ColorMap(raster rast, text colormap, text method=INTERPOLATE);

説明

rastnbandで示されるバンドにcolormapを適用し、4個までの8BUIバンドからなる新しいラスタを返します。新しいラスタの8BUIバンドの数はcolormapで定義された色要素の数で決まります。

nbandが指定されていない場合には、1番と仮定します。

colormapは先に定義された色マップまたは値を定義する行の集合と色要素のキーワードです。

妥当な事前定義されたcolormapキーワードは次の通りです。

  • grayscaleまたはgreyscale 1個の8BUIバンドからなるラスタで、グレーの陰影。

  • pseudocolor 4個の8BUIバンド(RGBA)からなるラスタで、青から緑、赤に移るものです。

  • fire 4個の8BUIバンド(RGBA)からなるラスタで、黒から赤、淡黄色に移るものです。

  • bluered 4個の8BUIバンド(RGBA)からなるラスタで、青からペールホワイト、赤に移るものです。

カスタムカラーマップを指定するためにエントリ(1行1エントリ)の集合をcolormapに渡すことができます。それぞれのエントリは一般的に、ピクセル値、ピクセル値と対応する赤、緑、青、アルファ要素(0から255の間の色要素)からなる5個の値を持ちます。ピクセル値の替わりに百分率値を使うことができ、0%がラスタバンドでの最小値、100%が最大値になります。値はコンマ('.')、タブ、コロン(':')、空白で区切られます。NODATA値に対しては、ピクセル値をnv, null, nodataのいずれかに設定できます。例を次に示します。

5 0 0 0 255
4 100:50 55 255
1 150,100 150 255
0% 255 255 255 255
nv 0 0 0 0
                                        

colormapはGDALツールのgdaldemの起伏モードに似ています

methodの妥当なキーワードは次の通りです。

  • INTERPOLATE 与えられたピクセル値の間での滑らかな色合成のための線型補完に使います、

  • EXACT カラーマップで見つかったピクセル値だけを厳格に一致させます。カラーマップエントリに一致しないピクセルに対しては0 0 0 0(RGBA)が設定されます。

  • NEAREST ピクセル値に最も近い値にあうカラーマップエントリを使います。

[注記]

カラーマップの偉大な参考情報はColorBrewerです。

[警告]

新しいラスタの結果バンドにはNODATA値が入りません。NODATA値が必要な場合には、ST_SetBandNoDataValueを使ってNODATA値をセットします。

初出: 2.1.0

これは試行のためのがらくたテーブルです。

-- 試験ラスタテーブルの作成 --
DROP TABLE IF EXISTS funky_shapes;
CREATE TABLE funky_shapes(rast raster);

INSERT INTO funky_shapes(rast)
WITH ref AS (
        SELECT ST_MakeEmptyRaster( 200, 200, 0, 200, 1, -1, 0, 0) AS rast
)
SELECT
        ST_Union(rast)
FROM (
        SELECT 
                ST_AsRaster(
                        ST_Rotate(
                                ST_Buffer(
                                        ST_GeomFromText('LINESTRING(0 2,50 50,150 150,125 50)'),
                                        i*2
                                ),
                                pi() * i * 0.125, ST_Point(50,50)
                        ),
                        ref.rast, '8BUI'::text, i * 5
                ) AS rast
        FROM ref
        CROSS JOIN generate_series(1, 10, 3) AS i
) AS shapes;
                                        
SELECT
        ST_NumBands(rast) As n_orig,
        ST_NumBands(ST_ColorMap(rast,1, 'greyscale')) As ngrey,
        ST_NumBands(ST_ColorMap(rast,1, 'pseudocolor')) As npseudo,
        ST_NumBands(ST_ColorMap(rast,1, 'fire')) As nfire,
        ST_NumBands(ST_ColorMap(rast,1, 'bluered')) As nbluered,
        ST_NumBands(ST_ColorMap(rast,1, '
100% 255   0   0
 80% 160   0   0
 50% 130   0   0
 30%  30   0   0
 20%  60   0   0
  0%   0   0   0
  nv 255 255 255
        ')) As nred
FROM funky_shapes;
                                        
n_orig | ngrey | npseudo | nfire | nbluered | nred
--------+-------+---------+-------+----------+------
      1 |     1 |       4 |     4 |        4 |    3
                                        

例: ST_AsPNGを使用して異なるカラーマップを比較する

SELECT
        ST_AsPNG(rast) As orig_png,
        ST_AsPNG(ST_ColorMap(rast,1,'greyscale')) As grey_png,
        ST_AsPNG(ST_ColorMap(rast,1, 'pseudocolor')) As pseudo_png,
        ST_AsPNG(ST_ColorMap(rast,1, 'nfire')) As fire_png,
        ST_AsPNG(ST_ColorMap(rast,1, 'bluered')) As bluered_png,
        ST_AsPNG(ST_ColorMap(rast,1, '
100% 255   0   0
 80% 160   0   0
 50% 130   0   0
 30%  30   0   0
 20%  60   0   0
  0%   0   0   0
  nv 255 255 255
        ')) As red_png
FROM funky_shapes;
                                        

orig_png

grey_png

pseudo_png

fire_png

bluered_png

red_png

関連情報

ST_AsPNG, ST_AsRaster ST_MapAlgebra, ST_NumBands, ST_Reclass, ST_SetBandNoDataValue, ST_Union