名前

ST_InvDistWeight4ma — 近隣のピクセル値の内挿補完を行うラスタ処理関数です。

概要

double precision ST_InvDistWeight4ma(double precision[][][] value, integer[][] pos, text[] VARIADIC userargs);

説明

近隣のピクセル値の逆距離加重法(IDW=Inverse Distance Weighted method)による内挿補完を行います。

userargsに渡される、ふたつの任意引数があります。ひとつめは、逆距離加重法の式に与える0から1の間を取る冪数です。指定しない場合には、デフォルトは1とします。ふたつめは、対象ピクセルの値が近隣セルからの補完値に含まれている場合にのみ適用される重み率です。

基本的な逆距離加重法の方程式は次の通りです。

k = 冪数で、0から1の浮動小数点数を取ります。

[注記]

この関数はST_MapAlgebraへのコールバック引数として使用する専用コールバック関数です。

初出: 2.1.0

-- 例が必要
                                

関連情報

ST_MapAlgebra, ST_MinDist4ma