名前

ST_Reskew — スキュー(回転パラメタ)だけを調整するリサンプリングを行います。新しいピクセル値のリサンプリングアルゴリズムとして最近傍補間('NearestNeighbor'(米式綴り方))、双線形補間('Bilinear')、3次補完('Cubic')、3次スプライン補完('CubicSpline')、ランツォシュ補完('Lanczos')を用います。デフォルトは最近傍補完です。

概要

raster ST_Reskew(raster rast, double precision skewxy, text algorithm=NearestNeighbour, double precision maxerr=0.125);

raster ST_Reskew(raster rast, double precision skewx, double precision skewy, text algorithm=NearestNeighbour, double precision maxerr=0.125);

説明

スキュー(回転パラメタ)だけを調整するリサンプリングを行います。新しいピクセル値のリサンプリングアルゴリズムとして最近傍補間('NearestNeighbor'(米式綴り方))、双線形補間('Bilinear')、3次補完('Cubic')、3次スプライン補完('CubicSpline')、ランツォシュ補完('Lanczos')を用います。デフォルトは最も早いですが最も悪い内挿を行う最近傍補完です。

skewxskewyによって新しいスキューが定義されます。

新しいラスタの範囲は元のラスタの範囲を含みます。

maxerrが指定されていない場合には0.125とします。

[注記]

詳細についてはGDAL Warp resampling methodsをご覧下さい。

[注記]

ST_Reskewはラスタの範囲をあわせるためのリサンプリングをしない点でST_SetSkewと異なります。根本的に誤った設定を行ったのを訂正するためにラスタのメタデータ(地理参照)を変更するだけです。ST_Reskewは、入力ラスタの地理範囲に合わせて計算された幅、高さを持つラスタを返します。ST_SetSkewはラスタの幅も高さも変更しません。

初出: 2.0.0 GDAL 1.6.1以上が必要です。

変更: 2.1.0 SRIDなしのラスタで動作するようになりました。

スキューを0.0から0.0015に再設定する例です。

-- 元のラスタのピクセルサイズ
SELECT ST_Rotation(ST_AddBand(ST_MakeEmptyRaster(100, 100, 0, 0, 0.001, -0.001, 0, 0, 4269), '8BUI'::text, 1, 0))
                                        
-- スキュー再設定したラスタのピクセルサイズ
SELECT ST_Rotation(ST_Reskew(ST_AddBand(ST_MakeEmptyRaster(100, 100, 0, 0, 0.001, -0.001, 0, 0, 4269), '8BUI'::text, 1, 0), 0.0015))
                    

関連情報

ST_Resample, ST_Rescale, ST_SetSkew, ST_SetRotation, ST_SkewX, ST_SkewY, ST_Transform