名前

ST_SameAlignment — ラスタが同じスキュー、スケール、空間参照系、を持つ場合にTRUEを返し、そうでない場合は問題を詳述する通知とともにFALSEを返します。

概要

boolean ST_SameAlignment( raster rastA , raster rastB );

boolean ST_SameAlignment( double precision ulx1 , double precision uly1 , double precision scalex1 , double precision scaley1 , double precision skewx1 , double precision skewy1 , double precision ulx2 , double precision uly2 , double precision scalex2 , double precision scaley2 , double precision skewx2 , double precision skewy2 );

boolean ST_SameAlignment( raster set rastfield );

説明

非集計版(1番目と2番目の形式): ふたつのラスタ(直接与えたラスタでも左上隅、スケール、スキュー、SRIDを使って作ったものでも)が同じスキュー、スケール、空間参照系、を持ち、少なくとも4隅のひとつがもう一方のラスタのグリッド隅に落ちる場合にTRUEを返します。そうでない場合には、問題に言及した警告を出します。

集計関数版(3番目の形式): ラスタ集合から、全てのラスタが同じアラインメントを持つ場合にTRUEを返します。ST_SameAlignment()関数はPostgreSQLの用語で言うところの「集約」関数です。SUM()やAVG()といった複数のデータ行での操作を意味します。

初出: 2.0.0

機能強化: 2.1.0 集計関数版の追加

例: ラスタ

SELECT ST_SameAlignment(
        ST_MakeEmptyRaster(1, 1, 0, 0, 1, 1, 0, 0),
        ST_MakeEmptyRaster(1, 1, 0, 0, 1, 1, 0, 0)
) as sm;

sm
----
t
SELECT ST_SameAlignment(A.rast,b.rast)
 FROM dummy_rast AS A CROSS JOIN dummy_rast AS B;

 NOTICE:  The two rasters provided have different SRIDs
NOTICE:  The two rasters provided have different SRIDs
 st_samealignment
------------------
 t
 f
 f
 f

関連情報

「ラスタのロードと生成」, ST_NotSameAlignmentReason, ST_MakeEmptyRaster