名前

ST_SnapToGrid — グリッドにスナップすることでラスタをリサンプリングします。新しいピクセル値のリサンプリングアルゴリズムとして最近傍補間('NearestNeighbor'(米式綴り方))、双線形補間('Bilinear')、3次補完('Cubic')、3次スプライン補完('CubicSpline')、ランツォシュ補完('Lanczos')を用います。デフォルトは最近傍補完です。

概要

raster ST_SnapToGrid(raster rast, double precision gridx, double precision gridy, text algorithm=NearestNeighbour, double precision maxerr=0.125, double precision scalex=DEFAULT 0, double precision scaley=DEFAULT 0);

raster ST_SnapToGrid(raster rast, double precision gridx, double precision gridy, double precision scalex, double precision scaley, text algorithm=NearestNeighbour, double precision maxerr=0.125);

raster ST_SnapToGrid(raster rast, double precision gridx, double precision gridy, double precision scalexy, text algorithm=NearestNeighbour, double precision maxerr=0.125);

説明

グリッドにスナップすることでラスタをリサンプリングします。新しいピクセル値のリサンプリングアルゴリズムとして最近傍補間('NearestNeighbor'(米式綴り方))、双線形補間('Bilinear')、3次補完('Cubic')、3次スプライン補完('CubicSpline')、ランツォシュ補完('Lanczos')を用います。デフォルトは最も早いですが最も悪い内挿を行う最近傍補完です。

gridx and gridy define any arbitrary pixel corner of the new grid. This is not necessarily the upper left corner of the new raster and it does not have to be inside or on the edge of the new raster extent.

任意で新しいグリッドのピクセルサイズを scalexscaleyで定義できます。

新しいラスタの範囲は元のラスタの範囲を含みます。

maxerrが指定されていない場合には0.125とします。

[注記]

詳細についてはGDAL Warp resampling methodsをご覧下さい。

[注記]

グリッドパラメタより多くの制御が必要な場合には、ST_Resampleを使います。

初出: 2.0.0 GDAL 1.6.1以上が必要です。

変更: 2.1.0 SRIDなしのラスタで動作するようになりました。

ラスタをわずかに異なるグリッドにスナップさせる例です。

-- 元のラスタのピクセルサイズ
SELECT ST_UpperLeftX(ST_AddBand(ST_MakeEmptyRaster(10, 10, 0, 0, 0.001, -0.001, 0, 0, 4269), '8BUI'::text, 1, 0))
                                        
-- スケール再設定を行ったラスタのピクセルサイズ
SELECT ST_UpperLeftX(ST_SnapToGrid(ST_AddBand(ST_MakeEmptyRaster(10, 10, 0, 0, 0.001, -0.001, 0, 0, 4269), '8BUI'::text, 1, 0), 0.0002, 0.0002))
                    

関連情報

ST_Resample, ST_Rescale, ST_UpperLeftX, ST_UpperLeftY