名前

ST_AsEWKB — ジオメトリのSRIDメタデータが付いたWell-Known Binary(WKB)表現を返します。

概要

bytea ST_AsEWKB(geometry g1);

bytea ST_AsEWKB(geometry g1, text NDR_or_XDR);

説明

ジオメトリのSRIDメタデータが付いWell-Knwon Binary表現を返します。2つの形式があります。ひとつめの形式では、エンディアンエンコーディングのパラメータを取らずにサーバ機のエンディアンとします。ふたつめの形式では、第2引数にリトルエンディアン('NDR')かビッグエンディアン('XDR')を使ってエンコーディングを明示します。

これは文字列表現に変換することなくデータベース外にデータを引き出すバイナリカーソルに使えます。

[注記]

WKB仕様ではSRIDは入りません。SRIDを持たないOGC WKBの書式を得るにはST_AsBinaryを使用します。

[注記]

ST_AsEWKBはジオメトリに対するST_GeomFromEWKBの逆です。PostGISジオメトリをST_AsEWKB表現から変換するにはST_GeomFromEWKBを使います。

機能強化: 2.0.0では、多角形サーフェス、三角形、TINが導入されました。

この関数は3次元に対応し、Z値を削除しません。

このメソッドは曲線ストリングと曲線に対応しています。

この関数は多面体サーフェスに対応しています。

この関数は三角形と不整三角形網(TIN)に対応しています。

SELECT ST_AsEWKB(ST_GeomFromText('POLYGON((0 0,0 1,1 1,1 0,0 0))',4326));

                   st_asewkb
--------------------------------
\001\003\000\000 \346\020\000\000\001\000
\000\000\005\000\000\000\000
\000\000\000\000\000\000\000\000
\000\000\000\000\000\000\000\000\000
\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000
\000\000\360?\000\000\000\000\000\000\360?
\000\000\000\000\000\000\360?\000\000\000\000\000
\000\360?\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000
\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000
(1 row)
SELECT ST_AsEWKB(ST_GeomFromText('POLYGON((0 0,0 1,1 1,1 0,0 0))',4326), 'XDR');
                   st_asewkb
--------------------------------
\000 \000\000\003\000\000\020\346\000\000\000\001\000\000\000\005\000\000\000\000\
000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000?
\360\000\000\000\000\000\000?\360\000\000\000\000\000\000?\360\000\000\000\000
\000\000?\360\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000
\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000\000
                

関連情報

ST_AsBinary, ST_AsEWKT, ST_AsText, ST_GeomFromEWKT, ST_SRID