名前

ST_EstimatedExtent — 与えられた空間テーブルの「見積もられた」範囲を返します。ジオメトリカラムの統計情報から見積もります。指定されていない場合は現在のスキーマが使われます。

概要

box2d ST_EstimatedExtent(text schema_name, text table_name, text geocolumn_name);

box2d ST_EstimatedExtent(text table_name, text geocolumn_name);

説明

与えられた空間テーブルの「見積もられた」範囲を返します。ジオメトリカラムの統計情報から見積もります。指定されていない場合は現在のスキーマが使われます。

PostgreSQL 8.0.0以上では、統計情報はVACUUM ANALYZEで集められ、結果の範囲は実際の約95%です。

[注記]

統計情報が無い(空のテーブルまたはANALYZEを実行していない)場合には、この関数はNULLを返します。1.5.4より前では、代わりに例外が投げられていました。

PostgreSQL 8.0.0より前では、統計情報はupdate_geometry_stats()で集められ、範囲は確実です。

初出: 1.0.0

変更: 2.1.0 2.0.xまではST_Estimated_Extentと呼ばれていました。

このメソッドは曲線ストリングと曲線に対応しています。

SELECT ST_EstimatedExtent('ny', 'edges', 'the_geom');
--result--
BOX(-8877653 4912316,-8010225.5 5589284)

SELECT ST_EstimatedExtent('feature_poly', 'the_geom');
--result--
BOX(-124.659652709961 24.6830825805664,-67.7798080444336 49.0012092590332)
                

関連情報

ST_Extent