名前

ST_GeomFromEWKB — 拡張Well-Known Binary表現(EWKB)から指定したST_Geometry値を返します。

概要

geometry ST_GeomFromEWKB(bytea EWKB);

説明

拡張Well-Known Binary表現(EWKB)からPostGISのST_Geometryオブジェクトを構築します。

[注記]

EWKB書式はOGC標準ではなくPostGIS独特の書式で、空間参照系識別番号(SRID)を含みます。

機能強化: 2.0.0で、多面体サーフェスとTINが導入されました。

この関数は3次元に対応し、Z値を削除しません。

このメソッドは曲線ストリングと曲線に対応しています。

この関数は多面体サーフェスに対応しています。

この関数は三角形と不整三角形網(TIN)に対応しています。

NAD83経度緯度(4269)のLINESTRING(-71.160281 42.258729,-71.160837 42.259113,-71.161144 42.25932)のバイナリ表現です。

[注記]

bytea配列は\で区切られ'を持ちますが、standard_conforming_stringsが切られている場合には、\と''でエスケープします。正確にはAsEWKB表現とはあいません。

SELECT ST_GeomFromEWKB(E'\\001\\002\\000\\000 \\255\\020\\000\\000\\003\\000\\000\\000\\344J=
\\013B\\312Q\\300n\\303(\\010\\036!E@''\\277E''K
\\312Q\\300\\366{b\\235*!E@\\225|\\354.P\\312Q
\\300p\\231\\323e1!E@');
[注記]

PostgreSQL 9.1より前では、standard_conforming_stringsは切られていましたが、9.1以上では、デフォルトで入っていることになりました。必要に応じて、クエリ1回で、データベースまたはサーバレベルでのデフォルトを変更できます。standard_conforming_strings = on使った場合を次に示します。この場合、'を標準ANSIの'でエスケープしますが、バックスラッシュはエスケープしていません。

set standard_conforming_strings = on;
SELECT ST_GeomFromEWKB('\001\002\000\000 \255\020\000\000\003\000\000\000\344J=\012\013B
    \312Q\300n\303(\010\036!E@''\277E''K\012\312Q\300\366{b\235*!E@\225|\354.P\312Q\012\300p\231\323e1')

関連情報

ST_AsBinary, ST_AsEWKB, ST_GeomFromWKB