名前

ST_LocateBetween — 指定したM値の範囲内にある要素からなる、派生ジオメトリコレクション値を返します。ポリゴン要素には対応していません。

概要

geometry ST_LocateBetween(geometry geomA, float measure_start, float measure_end, float offset);

説明

指定したM値の範囲内にある要素からなる、派生ジオメトリコレクション値を返します。ポリゴン要素には対応していません。

意味は ISO/IEC CD 13249-3:200x(E) - Text for Continuation CD Editing Meeting で決められています。

初出: 1.1.0 ST_Locate_Between_Measuresでした。

変更: 2.0.0 以前の版でST_Locate_Between_Measuresと呼ばれていましたが、古い名前は非推奨となり、将来的には削除しますが現時点では後方互換のため有効になっています。

この関数はM値に対応しています。

SELECT ST_AsText(the_geom)
                FROM
                (SELECT ST_LocateBetween(
                        ST_GeomFromText('MULTILINESTRING M ((1 2 3, 3 4 2, 9 4 3),
                (1 2 3, 5 4 5))'),1.5, 3) As the_geom) As foo;

                                                         st_asewkt
------------------------------------------------------------------------
 GEOMETRYCOLLECTION M (LINESTRING M (1 2 3,3 4 2,9 4 3),POINT M (1 2 3))

--Geometry collections are difficult animals so dump them
--to make them more digestable
SELECT ST_AsText((ST_Dump(the_geom)).geom)
                FROM
                (SELECT ST_LocateBetween(
                        ST_GeomFromText('MULTILINESTRING M ((1 2 3, 3 4 2, 9 4 3),
                (1 2 3, 5 4 5))'),1.5, 3) As the_geom) As foo;

                   st_asewkt
--------------------------------
 LINESTRING M (1 2 3,3 4 2,9 4 3)
 POINT M (1 2 3)

関連情報

ST_Dump, ST_LocateAlong