名前

ST_MakePointM — X, Y, M座標を持つポイントジオメトリを生成します。

概要

geometry ST_MakePointM(float x, float y, float m);

説明

X, Y, M座標を持つポイントジオメトリを生成します。

[注記]

Xが経度でYが緯度ですのでご注意ください。

この例では、文字列表現にST_AsTextでなくST_AsEWKTを使っています。ST_AsTextはM値に対応していないためです。

-- SRIDが不明のEWKT表現を返します
SELECT ST_AsEWKT(ST_MakePointM(-71.1043443253471, 42.3150676015829, 10));

-- 結果
                                   st_asewkt
-----------------------------------------------
 POINTM(-71.1043443253471 42.3150676015829 10)

-- WGS 84経度緯度のSRIDを付けたM値を持つポイントのEWKT表現を返します
SELECT ST_AsEWKT(ST_SetSRID(ST_MakePointM(-71.1043443253471, 42.3150676015829,10),4326));

                                                st_asewkt
---------------------------------------------------------
SRID=4326;POINTM(-71.1043443253471 42.3150676015829 10)

-- 3次元ポイント(標高を持つ)を返します
SELECT ST_MakePoint(1, 2,1.5);

-- ポイントのM値を得ます
SELECT ST_M(ST_MakePointM(-71.1043443253471, 42.3150676015829,10));
result
-------
10
                          

関連情報

ST_AsEWKT, ST_MakePoint, ST_SetSRID