第1章 導入

目次
1.1. プロジェクト運営委員会
1.2. 現在の中核貢献者
1.3. 過去の中核貢献者
1.4. 他の貢献者

PostGISは、PostgreSQLリレーショナルデータベースの空間拡張です。Refractions Research Incが、空間データベース技術の研究プロジェクトとして作成しました。Refractionsはカナダ・ブリティッシュコロンビア州・ビクトリアにある、データインテグレーションとカスタムソフトウェア開発に特化した、GISとデータベースのコンサルティング会社です。

PostGISは、現在ではOSGeo財団のプロジェクトです。多数のFOSS4G開発者とPostGISの機能と多彩さから大きな利益を得る世界中の企業が、PostGISの開発と資金提供を行っています。

PostGISプロジェクトの開発グループは、PostGISが、OpenGISとSQL/MM空間標準の領域における重要なGIS機能、高度なトポロジ構築 (カバレッジ、サーフェス、ネットワーク)、GISデータの表示と編集を行うデスクトップユーザインタフェースツール、およびウェブベースのアクセスツールのためのデータソースに、より良く対応するよう、サポートと機能強化を行う予定です。

1.1. プロジェクト運営委員会

PostGISプロジェクト運営委員会 (PostGIS Project Steering Committee, PSC)は、総合的な指示、リリースサイクル、ドキュメンテーション、支援活動に関する調整を行っています。また、委員会は、全体的なユーザサポート、PostGISコミュニティからのパッチの受け付けと適用、 開発者のコミットのアクセス、新しい委員、APIの重要な変更といった、PostGISを含む雑多な問題に関する投票を行っています。

Regina Obe

Buildbotのメンテナンス、Windows版と試験版のビルド、ドキュメンテーション、PostgreSQLとの調整、PostGISニュースグループの一般的なユーザサポート、X3D対応、Tiger Geocoder機能、管理関数、新機能と大きなコード変更のスモークテスト。

Bborie Park

ラスタ開発、GDALとの統合、ラスタローダ、ユーザサポート、一般的なバグフィクス、様々なOS (Slackware, Mac, Windows他)での試験。

Paul Ramsey (委員長)

PostGISプロジェクトの副創始者。総合的なバグフィクス、ジオグラフィ機能、ジオグラフィとジオメトリのインデクス機能 (2次元,、3次元、n次元インデクスとあらゆる空間インデクス)、ジオメトリ内部構造、PointCloud (開発中)、GEOS機能の統合とGEOSリリースとの調整、PostgreSQLのリリースとの調整、ローダ/ダンパ、シェープファイルGUIローダ。

Sandro Santilli

誤り修正とメンテナンス、gitミラーの管理、新しいGEOS機能の統合とGEOSリリースとの調整、トポロジ機能、ラスタフレームワークと低水準API関数。

1.2. 現在の中核貢献者

Jorge Arévalo

ラスタ開発、GDALドライバ機能、ローダ。

Nicklas Avén

距離関数の強化 (3次元距離、関係関数を含む)と追加、Tiny WKB出力書式(TWKB)と一般的なユーザサポート。

Dan Baston

ジオメトリクラスタリング関数の追加、他のジオメトリアルゴリズムの強化、GEOSの強化、および全体のユーザ対応

Olivier Courtin

XML (KML, GML)/GeoJSON入出力関数と3次元対応と誤り修正。

Martin Davis

GEOS機能強化と文書

Björn Harrtell

MapBox Vector Tile関数とGeoBuf関数、Gogsの試験とGitLabの実験。

Mateusz Loskot

CMakeのPostGISへの対応、Python版のオリジナルのラスタローダと低級ラスタAPI関数の構築。

Raúl Marín Rodríguez

誤り修正

Darafei Praliaskouski

インデックスの改善、誤り修正とジオメトリ/ジオグラフィ関数の改善、GitHubのキュレーション、Travisボットのメンテナンス。

Pierre Racine

ラスタ全体のアーキテクチャ、プロトタイピング、プログラミング支援。

1.3. 過去の中核貢献者

Mark Cave-Ayland

以前のPSCメンバ。誤り修正とメンテナンスの活動、空間インデックス選択性とバインディング、ローダ/ダンパ、およびシェープファイルGUIローダの調整、新機能の統合と強化。

Chris Hodgson

以前のPSCメンバ。一般的な開発、サイトとBuildbotのメンテナンス、OSGeoインキュベーション管理。

Kevin Neufeld

以前のPSCメンバ。文書と文書補助ツール、Buildbotのメンテナンス、PostGISニュースグループでの高度なユーザサポート、PostGISメンテナンス機能の強化。

Dave Blasby

PostGISのオリジナルの開発/副創始者。サーバサイドのオブジェクト、インデクスのバインディングや多数のサーバサイドの解析機能を記述。

Jeff Lounsbury

シェープファイルのローダ/ダンパのオリジナル開発者

Mark Leslie

中核機能の、継続的なメンテナンスと開発。曲線機能の強化。シェープファイルGUIローダ。

David Zwarg

ラスタ開発 (ほとんど地図代数解析関数)。

1.4. 他の貢献者

個人

Alex BodnaruGerald FenoyMaxime Guillaud
Alex MayrhoferGino LucreziMaxime van Noppen
Andrea PeriGreg TroxelMichael Fuhr
Andreas Forø TollefsenGuillaume LelargeMike Toews
Andreas NeumannHaribabu KommiNathan Wagner
Anne GhislaHavard TveiteNathaniel Clay
Antoine BajoletIIDA TetsushiNikita Shulga
Artur ZakirovIngvild NystuenNorman Vine
Barbara PhillipotJackie LengPatricia Tozer
Ben JubbJames MarcaRafal Magda
Bernhard ReiterJason SmithRalph Mason
Björn EsserJeff AdamsRémi Cura
Brian HamlinJonne SavolainenRichard Greenwood
Bruce RindahlJose Carlos Martinez LlariRoger Crew
Bruno Wolff IIIJörg HabenichtRon Mayer
Bryce L. NordgrenJulien RouhaudSebastiaan Couwenberg
Carl AndersonKashif RasulSergey Fedoseev
Charlie SavageKlaus FoersterShinichi Sugiyama
Christoph BergKris JurkaShoaib Burq
Christoph Moench-TegederLaurenz AlbeSilvio Grosso
Dane SpringmeyerLars RoessigerSteffen Macke
Dave FuhryLeo HsuStepan Kuzmin
David GarnierLoic DacharyStephen Frost
David SkeaLuca S. PercichTalha Rizwan
David TecherMaria Arias de ReynaTom Glancy
Dmitry VasilyevMarc DucobuTom van Tilburg
Eduin CarrilloMark SondheimVincent Mora
Eugene AntimirovMarkus SchaberVincent Picavet
Even RouaultMarkus WannerVolf Tomáš
Frank WarmerdamMatt Amos 
George SilvaMatthias Bay 

企業

これらは、PostGISプロジェクトに開発者の時間、ホスティング、または直接の資金提供のいずれかの貢献をした企業です。アルファベット順:

クラウドファンディングキャンペーン

クラウドファンディングキャンペーンは、PostGIS開発チームが走らせているキャンペーンです。欲しくて仕方ない機能に資金を与えて、多数の人々にサービスを提供できるようにするためのものです。それぞれのキャンペーンでは、特定の機能または機能の集合に焦点があてられます。それぞれのスポンサーは、必要な資金提供のうち少しだけを提供し、十分な人/組織の寄付で、たくさんの助けになる作業に支払う基金を持ちます。他の多くの人が寄付に協力してくれそうな機能に関するアイデアがありましたら、PostGIS newsgroupに、その考えを投稿して下さい。一緒に実現できます。

PostGIS 2.0.0はこの戦略を実施する最初のリリースです。PledgeBankを使い、2件のキャンペーンが成功しました。

postgistopology - 10以上のスポンサーがTopoGeometry機能の構築と2.0.0でのトポロジ対応強化とのために、それぞれ250米ドルを寄付しました。

postgis64windows - 20のスポンサーが、Windows上でのPostGIS 64ビット版に必要な作業のために、それぞれ100米ドルを寄付しました。

重要なサポートライブラリ

ジオメトリ演算ライブラリGEOS

地理空間データ抽象化ライブラリGDALは、PostGIS 2で導入されたラスタ機能の多くに使われています。また、GDALのPostGIS対応に必要な改善はGDALプロジェクトに貢献しています。

地図投影ライブラリPROJ

最後ですがおろそかにできないのがPostgreSQLです。PostGISはこの巨人に立っています。PostGISの速度と柔軟性は、PostgreSQLが提供する拡張性、優れたクエリプランナ、GiSTインデックス、多数のSQL機能があって初めて成り立ちます。